種苗紹介

バーベナ《エストレラ》

Verbena

  • こんもりと半球状の草姿に仕上がるシリーズ
  • 品種の生育個体差が少なくミックス出荷が容易
  • バーベナの弱点であるウドンコ病に大変強い
コンパクトで形の良い半球状の綺麗な草姿に仕上がる。株の上部にもたくさんの花が付くので株に隙間が無く全体が美しくまとまる。品種間の生育個体差が少ないのでミックスの生産が容易。バーベナの弱点であるウドンコ病に強いことも大きな特徴。


品種一覧

プラグ苗生産 定植後の栽培期間
(週/本数/ピンチ数)
発根期間 発根剤 温度 3.5寸 5寸
4週 18~24℃ 8週 1本 2回 12週 1本 3回
ガイドライン
培養土
(ph)
培養土
(EC)
温度
(昼/夜)
開花条件
(日長)
矮化剤 病気・害虫
5.5~6.3 0.6~0.9 15~27℃ 長日 Bナイン
ボンザイ
アブラムシ
スリップス
コナジラミ
ウドンコ病

栽培のポイント:プラグ苗時にピンチすると効率的。

品種名 花色 花サイズ 開花 草型 生育
メルロースター ダークピンク/ホワイト 早生 半這性 普通
ラベンダースター ラベンダー/ホワイト 特大 早生 半這性 旺盛
ピンクバレエ ホワイト/ピンクエッジ 早生 半這性 やや旺盛
ブルーベリー ライトパープル やや晩生 半這性 普通
ピンクスター ホットピンク/ ホワイト 早生 半這性 旺盛
ブードゥースター レッド/ ホワイト 早生 半這性 普通
サーモンスター サーモン/ クリーム 早生 半這性 普通
ダークパープル ダークパープル 早生 半這性 普通
ブードゥーレッド ブライトレッド 早生 半這性 普通
ピーチ ピーチ 早生 半這性 普通
ホワイト ホワイト 中生 半這性 普通
ウェストホフ社  ドイツ
「植物マイスター」が生産管理する注目の花壇苗専門の育種会社です。
1958年にヘンリッヒ・ウェストホフ氏により設立され現在は息子のクリスチャン・ウェストホフ氏が経営を任されている。花壇苗の生産と育種を専門とする農場。13haの農場で生産される花壇苗のほとんどが受注生産。1993 年より自社育種品種を発表し、カリブラコア、スカエボラ、バーベナ、ロベリア等、欧米において高い評価を得ている。同農場において生産管理を担当するウィルヘルム・ウェストホフ氏は「植物マイスター」の称号を得ており、栽培に関する問題も細やかにフォローアップしている。

品目一覧
カリブラコア
セレブレーション・ミックスセレブレーション・ミックス
セレブレーションセレブレーション
カメレオンカメレオン

ウェストホフ社の種苗
バーベナ(エストレラ・ミックス)バーベナ(エストレラ・ミックス)
バーベナ(エストレラ)バーベナ(エストレラ)
バーベナ(ハリケーン)バーベナ(ハリケーン)
ペチュニア(ビンゴ)ペチュニア(パーフェクチュニア)
ロベリア(ホット)ロベリア (ホット)
スカエボラ(トップポット)スカエボラ(トップポット)
カリブラコア(セレブレーション・ミックス)カリブラコア(セレブレーション・ミックス)
セレブレーションセレブレーション
カメレオンカメレオン

PAGE TOP
Copyright © Takamatsu Co.,Ltd. All Rights Reserved.