種苗紹介

サルビア《サリーG》

Salvia

  • 従来のサルビアに比べ花弁が大きく株全体から良い香りがするシリーズ
  • コンパクトな性質なので間延びせずすっきりとした草姿に仕上がる
  • 高温や乾燥に強いので夏のガーデニング材料に最適
人目をひく発色の良い花弁が特長的なサルビア。草丈が間延びせずに全体がコンパクトにまとまり、花壇材料として非常に扱いやすい。また葉っぱからハーブのような良い香りがするのも特長。


 

品種一覧

プラグ苗生産 定植後の栽培期間
(週/本数/ピンチ数)
発根期間 発根剤 温度 3.5寸 5寸
4週 × 18~24℃ 8週 1本 1回 12週 1本 2回
ガイドライン
培養土
(ph)
培養土
(EC)
温度
(昼/夜)
開花条件
(日長)
矮化剤 病気・害虫
5.5~6.0 0.6~0.9 10~24℃ 無関係 Bナイン ボトリチス
ゾクトニア
ピシウム

栽培のポイント:プラグ苗時にピンチすると効率的。低温での生産が可能。

品種名 花色
花サイズ 開花 草型
グレッギーホットリップ ホワイト/レッド 中生 コンパクト
グルーヴィーマゼンタ マゼンタ 中-大 中生 コンパクト
ダンジガー社  イスラエル
毎年数多くの品種改良を繰返し、育てやすく美しい花が誕生します。
1953 年設立のイスラエルを代表する切花と花壇用植物の育種農場。ダンジガー社の育種チームは最新の育種施設を持ち、アメリカの大学と強力して、実際の花壇でのパフォーマンスを確認しながら、新しい品種を育種している。育種の理念は「自然に対する敬意」、「革新」「努力」、「大胆」。8haの苗農場から60数カ国に供給されるオリジナル品種の苗質は大変良い評判を得ている。苗の在庫もリアルタイムで取引先に分かるように管理されており、取引先への対応も万全。またダンジガー社のスタッフはイスラエルの農場らしく全員が一体となり、家族のようなチームワークを持っている。育種、苗生産、マーケティング、チームワークが高いレベルで見事に揃った優良企業である。

ダンジガー社の種苗
バコパ(スコーピア)
ビデンス
インパチェンス(サンハーモニー)
ダブルインパチェンス (ムジカ)
マーガレット
トレニア(ムーン)
ロベリア(ホット)
ネメシア(ネシア)
ラベンダー(ラヴェアンナ)
アリッサム(ストリーム)
ラミウム(ラミ)
ユーフォルビア(ディワリ)
サルビア(サリーG)
ガイラルディア(ガリア)

PAGE TOP
Copyright © Takamatsu Co.,Ltd. All Rights Reserved.