種苗紹介

ピンクス
《セントファースト》

Pinks

  • 強い芳香性を放ち切り花としても使える
  • 極早生で、痛んだ花を摘んだ後の花上がりが
    とても早い
  • 株にボリュームがでやすく生産者にも
    消費者にも好まれる
強い芳香を放つ花は、切り花としても利用でき、花を摘んだ後は次の花上がりがとても早い。植え替えるとすぐに横張りしボリュームがつきやすい。耐寒性にも優れ、屋外でのコンテナ植え、テラスガーデン、ボーダーガーデンなどでの使用可能。


品種一覧

プラグ苗生産 定植後の栽培期間
(週/本数/ピンチ数)
発根期間 発根剤 温度 4寸
14週 1本 1回
ガイドライン
培養土
(ph)
培養土
(EC)
温度
(昼/夜)
開花条件
(日長)
矮化剤 病気・害虫
5.5~6.0 2.0以下 13~18℃ 無関係 不要 萎凋病、立枯病
ハダニ、アザミウマ
アブラムシ

栽培のポイント:無加温で栽培し、ピンチのタイミングなどで開花を調整する。ピンクスは花芽分化促進のため低温処理が必要。

品種名 花色 開花 開花丈
メモリーズ ホワイト 早生 30cm
コーラルリーフ ブラントレッドシェード 中生 23cm
シュガープラム レッド/ マルーンシェード 中生 26cm
ロマンス ピンク/ サーモンピンク 中生 22cm
キャンディフロス ローズピンク/ ライトピンク 早生 28cm
パッション ベルベットレッド 早生 28cm
ショーガール レッド/ ピュアホワイト 中生 28cm
ウェットマンピンクス社  イギリス
イギリスの南部にある広大な敷地で美しいピンクスを作り続けています。
ウェットマンピンクス社は1936 年に創業されたピンクス育種会社である。イギリス、ダウリッシュ郊外にある本社で育種・増殖を行っている。基本的な方針として「悪環境に強い品種」「連続開花性」「魅惑的な香り」をコンセプトに育種している。ウェットマンピンクス社は、イギリスの最優秀生産者賞や園芸輸出会社優秀賞、英国王立園芸協会ガーデンメリット賞、チェルシー・フラワーショー銀メダルなど、2000 年以降は多数の賞に輝いている。世界中から注目されているウェットマンピンクス社は社員数30 名と少人数で運営しており、アットホームな環境ならではの自由な発想で美しいピンクスを作り続けている。中でも代表的なセントファーストシリーズは鉢植えや庭植えなど用途も様々でイギリスの園芸家に広く使われている。

品目一覧
ピンクス
セントファースト

PAGE TOP
Copyright © Takamatsu Co.,Ltd. All Rights Reserved.