種苗紹介

ハイドランジア
《サクソン》

Hydrangea macrophylla

  • コンパクトな草姿にまとまるので
    小鉢に適している
  • 分枝が非常に良く1本でも
    平均4~6輪の花が付く
  • ステムが強健なので支柱が不要で、管理が簡易
ドイツのドレスデンにある、ハイドランジア育種専門農場であるクーネ社オリジナルの小鉢向けハイドランジア。花付きがとても良く、1 本でも平均4~6 輪の花をつける。またステムが強健なので支柱立てが不要で、生産現場での管理も容易。3.5寸~4寸でのパフォーマンスにとても優れた品種なので、ハイドランジアの新しいマーケットを開拓できる。


品種一覧

品種名 花色 開花 生育
ベーゼンシュタイン ピンク/ ホワイトエッジ(ガク) やや早生 普通
ウィンターベルク ホワイト やや早生 コンパクト
ピルニッツ ピンク/ ホワイトエッジ やや早生 コンパクト
バスタイ レッド やや早生 コンパクト
ラセン ピンク(アルカリ) やや早生 コンパクト
ラセン ブルー(酸性) やや早生 コンパクト

※ラセンは管理するph値により花色が変化します。

クーネ社  ドイツ
最新設備の農場で良質な苗を効率よく生産しています。
1899 年に野菜生産農場として創業する。1973 年より切花の生産を始める。1990 年より鉢花の生産を始める。“ 作り易い”、“ 使い易い”をコンセプトにハイドランジアの育種に力を注ぎ、ヨーロッパに於ける近年のハイドランジアのマーケットに旋風を起こしている。

品目一覧
ハイドランジア
サクソン

シーアン

PAGE TOP
Copyright © Takamatsu Co.,Ltd. All Rights Reserved.