種苗紹介

カンパニュラ
《オーシャン》

Campanula portenschlagiana

  • 低温処理が不要で通常より
    短期間での出荷が可能
  • 株のまとまりが良くこんもりとした
    草姿に仕上がる
  • 可憐な白色が魅力的な
    ホワイトオーシャンも人気
従来のカンパニュラとは違い、低温処理の全く必要が無い品種。生育旺盛でボリュームを出しやすい品種。大変まとまりが良く、バランス良く仕上がるとても栽培しやすいカンパニュラ。短期間で株にボリュームができるので従来の品種に比べ栽培期間が極端に短いのが特徴。連続開花性に優れ、長期間美しい花を楽しむことができる。


品種一覧

プラグ苗生産 定植後の栽培期間
(週/本数/ピンチ数)
発根期間 発根剤 温度 3.5寸 5寸
4〜5週 - 19℃ 11〜13週 1本 0回 16週 2本 0回
ガイドライン
培養土
(ph)
培養土
(EC)
温度
(昼/夜)
開花条件
(日長)
矮化剤 病気・害虫
5.5~6.2 1.5~2.0
花芽が付いたら
1.0
17~18℃ 長日 ボンザイ キノコバエ
ボトリチス
スリップス
品種名 花色 開花 生育
ディープブルーオーシャン ディープブルー 普通 普通
ブルーオーシャン ブルー 普通 普通
ホワイトオーシャン ホワイト 普通 普通
Thoruplund社  デンマーク
数多くの品種改良を繰り返し、優れた品種を開発しています。
1946年にSigurd Andersenにより設立。当初は野菜の生産を行っていたが、後に切り花へ移行。息子のJorgen K. Andersenが1974年に引継、カンパニュラやシャコバサボテンなどのポット苗生産を開始する。温室の広さは39,000㎡。品質、品質保持期間、新しい花色などに重きを置き、現在も成長を続けている。現在は双子のBodilとJacobが販売と生産に分かれて共に経営している。

PAGE TOP
Copyright © Takamatsu Co.,Ltd. All Rights Reserved.