種苗法改正に伴う登録品種表示の義務化への対応について

種苗法の改正に伴い、令和3年4月1日より登録品種の表示が義務化される件につきまして、 髙松商事では農林水産省へ問い合わせを行い、下記の通り対応することと致します。

1.表示義務の遵守 令和3年4月1日以降に弊社、及び弊社協力会社より出荷される、カット苗、根付苗、 発根苗、種子、球根、半製品に対し、同封の納品書に表示義務内容を明記致します。 表示義務内容とは①~③のいずれかを指します。 ①登録品種の文字 ②品種登録の文字及び、その品種登録の番号 ③PVPマーク

2.出願中の品種について 出願中であれば、その旨を記載します。品種登録後は上記の通り記載を変更致します。

3.ラベル 花のポット製品、鉢花、切り花は種苗にあたらないため、製品出荷の際に添付をお願い していますラベルへの記載義務はありません。しかしながら、育種者の権利を明確にする ため、新しく印刷するラベルに関しましては表示義務内容を記載することとします。 ラベル印刷のタイミングによっては、表記のあるラベルと表記のないラベルが混在する場 合がございます。何卒ご理解の程お願い致します。

0 0
PAGE TOP
Copyright © Takamatsu Co.,Ltd. All Rights Reserved.